CLASICK - Official Liner Notes






オフィシャル・ライナーノーツ 

Text by Yusuke “11zero” Ito

 

2000年代前半から、バトルDJとして国内外のDJバトルに出場し、2012年には世界最古にして最大規模のDJ大会:DMCの世界大会で優勝を果たしたDJ IZOH。世界大会を制した後はDJバトル界からは引退し、ラッパーのTARO SOULとのSUPER SONICSでの活動やRAMPAGE(LDH所属)のツアーDJ、ABEMAのレギュラー番組『AbemaMix』でのDJプレイなど、多方面で長年培ってきたDJスキルを活かした活動を展開している。そして、DJとして1990年代後半から活動を開始し、近年はプロデューサー/エンジニアとして韻踏合組合“一網打尽”のようなヒット曲を筆頭に、メジャー/インディー問わず数多くの楽曲制作に関与してきたNAOtheLAIZA。これまでも交流があり、実際にストリーミング・サービス:AWAのCM楽曲を共作したこともある両者。この度リリースされる「CLASICK」は、二人にとって初の共作名義でのプロジェクトとなる。 「最初は、IZOHのソロ曲を作ろうとしてたんですよ。そのマニピュレーションや制作周りをオファーされたんですけど、なかなかパッとしたアイディアが出なかったんですよね。いろんなアプローチが出来ちゃう一方、いろんなモノが埋もれてしまいがちな時代でもあるから、方向性に関してまとまった案が出なかった」と、制作に入る前の悩みについて語るNAOtheLAIZA。そこで飛び出したのが、自身が過去に制作した音源をDJ IZOHと共に再構築するというアイディアだった。 「この『CLASICK』の原型は、実は11年前からあるんですよ。11年前に俺が出そうしてて未発表なままだったインストゥルメンタル・アルバムがあって、ずっと出したいと思ってたんで、そのアルバムをIZOHと再構築せえへん?っていうアイディアが出て来たんです。分かる人には分かると思うんですけど、だから今っぽいサウンドじゃないんです。質感も今っぽくないし。その理由は、11年前に出来た音だから。で、その音にIZOHが入ることによってめっちゃオモロくなるんちゃう?って思って彼に送ったら、『良いじゃん!』ってなって」(NAOtheLAIZA) 今でこそ、日本語ラップやメジャー・フィールドで活躍する邦楽アーティストの楽曲を手掛けるプロデューサーというイメージが強いNAOtheLAIZAだが、DJ活動を始めた90年代後半の時期に彼がハマっていたのは、彼も敬愛する日本のレジェンド:DJ KRUSHらが確立させ、90年代中盤にクラブ・ミュージック界でブームを巻き起こしたインストゥルメンタル・ヒップホップ(アブストラクト・ヒップホップやトリップ・ホップなどと呼ばれることも多い)だ。ラップが載らず、あくまでインストゥルメンタル音源のみで世界観を作り、構成していくヒップホップのサブジャンルだが、その楽曲構成にDJ IZOHのターンテーブリストとしての音楽性をフュージョンさせることを思いついたということだ。 「アブストラクト/インストゥルメンタル・ヒップホップって自分にとっても懐かしい音楽だったし、2000年代初頭のDJバトルとかでもよく使われてたジャンルなんですよね。その当時も、聴いててめっちゃカッコ良いと思ってたし、そういうジャンルのレコードを使ったルーティンを作ったりもしてたんで、『イケるっしょ』と思いました」(DJ IZOH) 実際に本作「CLASICK」を聴き通すと、インストゥルメンタル・ヒップホップを通過したことがあるリスナーにとってはピンと来る要素に満ちた作品な筈だ。90年代初頭~中盤の、ブームバップと呼ばれるヒップホップで使われたような太くて温かみのあるドラムや、ジャズ/クラシックなどから引用された、一般的なラップ・トラックよりも情緒的な上ネタ/ループが多用されていて、ラップ/歌が載っていなくても成立できる構成/展開で組み立てられている。だが、そもそもが原型の時点で成立するという前提で作られた楽曲たちだったわけで、「既にここまで完成されている音源にどう手を加えて更に良くするか?という点では結構悩みましたね」とDJ IZOHは振り返る。 「なので、また作り直したんですけど、使っている音やグルーヴは当時の音から新しいものに差し替えたくなかったんですよ。今聴いたら音楽的に間違っている部分もあったりするんですけど、逆に今だったらその音は出せないんです。だから、当時作った音をパート毎に分けたモノをIZOHに送ったんです。そこから編曲していってタイトル通り“クラシック”のように聴かせたかった」(NAOtheLAIZA) アルバム・タイトルとして名付けられた「CLASICK」という言葉は、“CLASSIC”という単語と、ヒップホップでは「ヤバい」などの意味で使われることもある“SICK”という言葉を組み合わせた造語だ。実際、本作を聴くと、要所にクラシカルな要素をヒップホップ的解釈で構築した楽曲が揃っている。ここで言う“クラシカル”とは、言葉通りのクラシック音楽/スタンダード的な音楽の聴感のことでもあるし、ヒップホップにおける古典的=クラシカルな要素のことも指しているだろう。ストリングスや管楽器といったクラシック音楽で使われる楽器が多く使われているし、随所でヒップホップ・クラシックからの引用と思われるスクラッチ・フレーズやループ素材なども飛び出す。 「全編、サンプリングやオマージュを意識して作った作品なんですが、だからこそ今じゃなかったら出せなかったのかもしれないです。最初の音源を作った11年前に出していたら、単純なオマージュに聞こえる部分も、月日が経ってここまで自分もキャリアを積んできたからこそ、自分が影響を受けたモノを素直に出し切れるのかな、って」(NAOtheLAIZA) そして、そういったクラシカルな要素で構成された楽曲を、更に複雑且つ興味深い構成とさせているのが、DJ IZOHが各所で注入したターンテーブリスト的エッセンスだ。 ターンテーブリストとは、「ターンテーブルを楽器のように操るDJ」のことを指し、一般的にDJとして認知されているクラブDJのようにダンス・フロアの客に踊れる楽曲を提供するのとは違い、ターンテーブルを用いたテクニックを使って音楽的にレコードなどの音源を操る、よりミュージシャン的な性格の強いDJのことだ。レコードを擦る“スクラッチ”や、ターンテーブルを2台使って同じレコードを巧みに切り替えることでまったく別のビート・パターンを作り出すビート・ジャグリングなどが、ターンテーブリズムにおける代表的なテクニックだ。 DJ IZOHは、NAOtheLAIZAから渡された音源素材をターンテーブル上でマニピュレートすることで、「CLASICK」の音源に新たなレイヤーと発想を加えている。とは言え、技術を多用しすぎず、リスニング用途を想定したテクニックの落とし込み方をIZOHは意識していたようだ。 「あからさまに、原曲をぶち壊すようなビート・ジャグリングのような再構築は、いち部分に留めようとはしてましたね。ターンテーブリズムをガチで全て作品に落とし込むことはしたくなかった。あくまでリスナーが聴いてる時に良く聴こえるように」(DJ IZOH) 「IZOHが作った展開は、自分にはない発想なんですよ。だから、こういった部分は全任せで、気持ち良く聴こえるかどうか、というバランスを取る作業は俺がしましたね」(NAOtheLAIZA)  「CLASICK」は、ラップや歌が載っていないヒップホップ作品という意味でも、現在の国産ヒップホップ・シーンにとっては異質に感じる作品かもしれないし、90年代のインストゥルメンタル・ヒップホップに影響を受けたサウンド・アプローチも2021年においてはあまり聴かれないアプローチだ。また、そういった音楽性にターンテーブリズムの要素も付加されている。ざっとここで挙げただけでも、「CLASICK」がどれだけユニークな立ち位置の作品なのか、分かって頂けるだろう。だが、本作に込められているオマージュやサンプリング、そして既存の曲/素材を再解釈して再構築するというアプローチは、ヒップホップにおいては普遍的な価値観でもある。 「CLASICK」を通して、ヒップホップが元来持つクリエイティヴィティや他ジャンル/過去の音楽へのリスペクトや愛といった、現在では見過ごされがちな部分にスポットが当たることを願いたい。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


Official Liner Notes 

Text by Yusuke “11zero” Ito



Since the early 2000s, DJ IZOH has participated in DJ battles both in Japan and overseas as a battle DJ. And in 2012, he became the world champion of DMC, the world's oldest and largest DJ competition. After winning the world championship, he retired from the world of DJ battles, and has been active in various fields using the DJ skills he has cultivated over the years, such as working with rapper TARO SOUL in SUPER SONICS, tour DJ for RAMPAGE (LDH), and DJing on internet TV station ABEMA's regular program "AbemaMix".

NAOtheLAIZA has been active as a DJ since the late 90s, and in recent years has been involved in the production of many songs as a producer/engineer, both major and indie, including hit songs such as “Ichimoudajin” by Infumiaikumiai.

IZOH & NAOtheLAIZA have been in contact with each other for a long time, and have even co-written a song for the TV commercial of streaming service AWA. The release of "CLASICK" is the first project under their joint name.

“At first, we were going to make a solo project for IZOH. I was offered to do the manipulation and production, but I couldn't come up with a good idea. I couldn't come up with a coherent idea for the direction, because we live in an age where many different approaches are possible and many things tend to get buried.”, NAOtheLAIZA recalls the struggle. And this is when the idea of reconstructing NAO’s past works with DJ IZOH came up.

“I made an instrumental album 11 years ago that I've been wanting to release for a long time, but couldn’t release it. So I came up with the idea of reconstructing it with IZOH. Some listeners might notice it, it's not a modern sound. The texture is not modern either, because the sound was created 11 years ago. So I thought, ‘If IZOH collaborate on this sound, it will be really fun’. So I sent it to him, and he said, 'That's dope!’” (NAOtheLAIZA)

Today, NAOtheLAIZA has a strong image as a producer of Japanese rap music and major Japanese artists, but when he started DJing in the late 90s, he was into instrumental hip-hop (often called abstract hip-hop or trip-hop), which was established by Japanese legend DJ KRUSH whom he admires, and became a phenomenon in the club music scene in the mid 90's. It is a sub-genre of hip-hop that uses only instrumental sounds to create and structure a track without rap/vocal, and they came up with the idea of fusing IZOH’s musicality as a turntablist with NAO’s music.

“Abstract/instrumental hip-hop is a genre that I have fond memories of, and it was often used in DJ battles in the early 2000s. At the time, I thought it was really cool to listen to, and I'd been making routines using records from that genre, so I thought, 'This is going to be good'" (DJ IZOH)

In fact, when you listen through "CLASICK", there are many elements that should be familiar to listeners who have been a fan of instrumental hip-hop. It also uses more emotional sample phrases and loops than typical rap tracks, citing classical music and other sources, and is structured and developed in a way that would stand out even without rapping or singing. However, since the songs were originally created on the premise that they would be viable in their original form, IZOH recalls, “I had a lot of trouble figuring out how to make the already completed sound source even better.”

“I didn't want to replace the sounds and grooves that I used back then with something new. When I listen to it now, there are parts that are musically wrong, but on the other hand, I wouldn't be able to re-create those sounds now. That's why I sent IZOH the stem files I made back then. From there, I arranged it and wanted it to sound like a ‘classic’ as the title suggests" (NAOtheLAIZA).

The word "CLASICK," named as the album title, was coined by combining the word "CLASSIC" and the word "SICK". In fact, if you listen to this album, you will find that the songs have classical elements constructed in a hip-hop interpretation in key places. The word "classical" here could refer to the sense of listening to classical music/standard music as the word implies, or it could refer to classical elements in hip-hop. There is a lot of use of classical instruments such as strings and wind instruments, as well as scratch phrases and loops that are taken from hip-hop classics.

“The whole album was made with sampling and homage in mind, and that's probably why I couldn't have released it if I hadn't done it now. If I had released it 11 years ago when I made the original version, the homage would have felt too simple and easy, but now that so many years have passed and I've built up my career, I can honestly express what I was influenced by.” (NAOtheLAIZA)

And, what makes the music composed of such classical elements even more complex and interesting, is the turntablist essence that DJ IZOH injects in various places.

A turntablist is a DJ who manipulates turntables as if they were musical instruments, and unlike club DJs, who are generally recognized as DJs who provide danceable music to crowds on the dance floor, a turntablist is a DJ who uses turntable techniques to manipulate records and other sound sources musically, and is more like a musician. Typical techniques in turntablism include scratching records and beat juggling, where two turntables are used to create completely different beat patterns by skillfully switching between the same records.

DJ IZOH added new layers and ideas to "CLASICK" by manipulating the sound given by NAOtheLAIZA on the turntables. However, IZOH did not use too many techniques, but was conscious of how to incorporate techniques that were designed for listening purposes.

“I didn't want to put all the essence of turntablism into our work. I tried to keep the techniques like beat juggling to minimal, because if you over-use those techniques, it tends to destroy the flavor of original tracks. I just wanted it to sound good when the listener is listening to it” (DJ IZOH)

“The arrangement that IZOH made was an idea that I didn't have in my mind. That's why I let him do his thing, and I did the balancing work to make sure it sounded good.” (NAOtheLAIZA)

“CLASICK” is a hip-hop album without rapping or singing, which may be unfamiliar to the current Japanese rap/hip-hop industry. Also, its sound approach, influenced by the instrumental hip-hop of the 90s, is a rare approach in 2021. On top of these, there are also elements of turntablism added to such musicality. Just from this brief list, you can see how unique a position "CLASICK" holds. However, the approach of homage, sampling, and reinterpreting and reconstructing existing songs and materials in this album, is a universal value in hip-hop.

Through "CLASICK," I hope that hip-hop's original creativity and respect/love for other genres and music of the past, will be highlighted in a way that is often overlooked today.